携帯電話を高額買取してもらうための査定

スマートフォンは、メーカー各社から毎年新製品が販売され、そのたびに便利な新機能が搭載されています。そのため、キャリアとの契約が切れるたびに、新製品に買い替える人も珍しくはありません。新製品に買い替えた場合、それまでに使っていたスマートフォンは不要になります。不要になったスマートフォンは、処分に困り自宅でそのまま保管しがちです。しかし、自宅に保管していても使うことはないので、店舗に携帯電話の買取査定を受けてみるのが良いでしょう。条件さえ整えば、不要なスマートフォンを高額で手放すことも可能です。自宅に保管しておいても現金にはならないので、買い替えなどで現在使っているスマートフォンが不要になったら、売って臨時収入を得るのがベストな処分方法です。

本体を綺麗にして付属品も揃えれば

携帯買取で高額査定を実現するためには、新品に近い状態であることが一番大切なコツです。汚れていたり傷だらけだったり、付属品が揃っていなかったりすると、中古品として販売するときに高額で売ることができないので、安い価格でしか売れません。店舗に持ち込んだり宅配便で送る前は、必ず本体を綺麗に掃除しましょう。本体や画面は必ず拭いて指紋などの汚れを落として、見落としがちなサイドも綺麗にしてください。また、溝などの細かな部分には埃が溜まっているので、爪楊枝などを使い綺麗に掻き出しましょう。付属品については、取扱説明書や充電器などだけでなく、保証書や外箱も対象になります。全て揃えておけばそれだけ大幅アップを勝ち取ることができるので、購入したら大切に保管しておきましょう。

忘れずに行いたいデータとアプリの削除

本体を綺麗にして全ての付属品を揃えたら、次は保存されているデータやアプリは全て削除しましょう。データやアプリをそのままの状態にして携帯買取の査定を受けると、確実にダウンします。使用していたときの状態のままだと、業者は初期状態に戻すために、膨大な手間をかける必要があるからです。保存されているデータやアプリは、設定などから初期状態にも戻せば、購入したときの状態に簡単に戻せます。ただし、機種によっては暗証番号などが残されていることもあるので、最終的な確認は必ずしておきましょう。携帯買取の査定を受けるときに、保存したデータやアプリの削除を忘れる人は多くいます。面倒な作業と思ってしまいがちですが、必ずデータやアプリを削除し確認してから手放してください。