査定方法が特別な携帯電話の買取

機種変更によって不要となった携帯電話は中古ショップなどで売却することが可能です。キャリアによっては、期限を区切って特定の機種を買い取ってくれるサービスを展開する時もありますが、そのような時期を逃したり、自宅を整理していたりすると未使用の携帯電話が出てくる時もあります。このような時に活用したいのが買取サービス。自分で処分するのも大変ですから、うまく買取サービスを利用し、高額で引き取ってもらえれば、思わぬ臨時収入を生み出すこともあります。ただし、携帯電話の買取には特別な基準や、査定額を上げるコツなど、あらかじめ気をつけておくべき事項がいくつかあります。チェックの方法は簡単ですので、あらかじめ自分でチェックし、満足のゆく結果を得られるようにしましょう。

IMEIによる機種端末情報を確認しましょう

IMEIとは、International Mobile Equipment Identity のことであり、携帯端末の識別番号のことです。多くは機種の裏側にIMEIが記載されています。IMEIは、例えば盗難被害にあった端末の判断に使われ、該当する場合には通信そのものが行えないようになっています。IMEIは端末本体に付与された番号であるため、たとえSIMカードを入れ替えたとしても、キャリア側で通信制限を行っている限り、音声を含むあらゆる通信が行えないようになっています。同時に、IMEIは機種の支払情報を確認するためにも用いられます。現在、多くの利用者が端末を割賦(分割)で購入していますが、代金が完済されていなかったり、料金滞納の場合には×や△で、問題がない場合は○で表示されるようになっています。この情報が×の場合は買取できませんし、△の場合でも査定額が大幅に下がります。これらの情報はインターネットで確認することが可能であり、「IMEI 情報」などをキーワードに検索することで、各キャリアの検索ページを無料で使用することが可能です。

機種だけでなく、付属品の確認も重要です

査定額を上げるためには、本体の状態、例えば傷や凹みなどの使用感のほか、付属品も重要になってきます。例えば、純正の充電器やヘッドフォンが付いてきた場合にはそれを一緒につけることが重要です。また、外箱の有無や状態が査定に影響することもよくあります。したがって、新しい機種を入手した時には、使わない付属品は開封しないで保存しておき、また外箱も傷がつかないようにしておきましょう。また、機種が高機能になり分解点検が難しくなってきていますので、液晶の傷の有無も重要です。したがって、新しい機種を手に入れた時には早めに保護フィルムを貼付し、また売る時には綺麗に剥がしておくのが良い方法です。本体については、完璧にクリーニングする必要はありませんが、それでも使用感があると印象が悪くなるので、自分でできる範囲で綺麗にしておくべきです。